こんにちは、かおるです。

私は少しでも元気になるべく、とにかくたくさんの治療法を経験しています。

最近は盛りだくさん。水素鍼灸プラセンタ埋没…色々挑戦しておりました。

効果はそれぞれ少しずつあったりなかったりかな。

どれだけ新しい治療法にトライしても、

やっぱりこれだけは外せない!というのは運動療法(パーソナルトレーニング)です。

実はあまりブログに書いていないので目立ちませんが。

他の脳脊患者さんからボディメンテナンスという言葉を伺ったことがあります。きっと大きく分けたら、似たような部類だと思います。

今回は少しご紹介しますね!

自律神経とパーソナルトレーニング

私とパーソナルトレーニングとの出会いはこのお話から。

自律神経失調症の私を救った奇跡

私はブラッドパッチが合わなかったので、ブラッドパッチ事件(笑)が無ければもう少し回復が速かったのではないかと思っています。

***

パーソナルトレーニングの何が良いのかというと、

骨格の調整(コンディショニング)

腹式・胸式呼吸

ピラティス

筋力アップ

パフォーマンス(私の場合は体調です)の向上

正しい体の使い方

これらをバランスよく行ってくれます。

背骨を動かしたり、正しい呼吸法、自分に合った運動をすることは、自律神経にとても効果があるんです^

重症の自律神経失調症でなければですが、あっという間に治ってしまう患者さんを何人も見てきました。

詳細は他の記事でたくさん書いています!

パーソナルトレーニングでやっていること

パーソナルトレーニングでの運動療法が一番効果がある!と感じているのに、私がなぜブログに詳細を書かないかと言うと…

プロフェッショナル領域すぎるのと、一人ひとりの体の状態によってやることが違うからです。

間違ったことを書くのも嫌だなぁという気持ちもあり、なかなか書きづらいですね。

***

最近少し調子がアップしたなと思うエクササイズは

・胸椎・肩甲骨周りの動きを良くするためのピラティスやストレッチ

→チェストオープナーや胸周りの筋膜リリース・トレーニングなどです。

これをやって頂いてから、背部痛が楽になってとても過ごしやすい

私は尋常じゃなく呼吸が浅いのですが、、、呼吸が楽になって、寝るときも苦しくありません^^

***

私の残る課題は、謎の腰痛と側弯症

軽い側弯症があるので、それをどうやって治そうか…ただいま模索中です。

本来ならトレーナーさんの高いスキルで治るのですが、私が謎の腰痛と筋力の無さのせいで、ストップしてしまいました。

***

私の身体は本当に謎!と言われます。

筋力・体力が無さすぎるので、とても優しいメニューにして頂いてるんです。

トレーニングとはいえ、私の場合はほぼ動きません。

それなのに、一瞬にして疲れ果てる筋肉と、かすかな動きで大きな痛みが出る腰…。

自分でもたちが悪いなぁと思うくらい、トレーナーさん泣かせです。

今までは医療者泣かせだったので、これ以上人を泣かせる謎の身体であってほしくないな。

運動療法に賭けてみる

運動療法の意味は広いです。

私の場合はがっつり動くことのできる体力はありません。

なので運動療法で自ら動かしつつ、整体やカイロのように受け身でやってもらう(徒手療法?)治療を組み合わせて、身体の機能を上げていこうと思います。

***

運動はメンタルにも、内臓の働きにもいい影響を与えます。

栄養療法に力を入れる方は多いですが、同じくらい運動療法も大切。

ただ、思うように動けないのがこの病気ですね・・・。

運動療法を実現するには、信頼のできる治療家さんが必要かもしれません。

***

今日は長々と書いてしまいました。

最後まで読んでくださりありがとうございます。