こんにちは、かおる(脳脊髄液減少症と自律神経失調症もちの看護師ライター)です。

今回はストレスを対処する上での3つの視点と、私の考える種類別対処法についてです。

なんとなくストレスが溜まってお疲れの方へ

少しでも楽に生活するためのヒントになればうれしいです。

ストレスとは?

おさらいです。ストレスは以下の4つの種類に分類されます。

環境的ストレス…音・光・天気など
肉体的ストレス…栄養・細菌・疲労・睡眠など
心理的ストレス…ショック・怒り・悲しみ・喜び
社会的ストレス…人間関係・仕事・家庭など

対処法の3つの視点

原因を取り除く
…ストレスには必ず原因があるはず。取り除けるものは無くしてしまいましょう。Ⓐ

ストレス耐性を付けて強くなる
…自分がストレスに強くなるほどうれしいことはないですね。Ⓑ

解消する
…あなたのストレス解消法はなんですか?Ⓒ

ストレス別対処法を3つの視点で考える ~私の場合~

【環境的ストレス】

残念ながら気候によるもの(低気圧)は避けることはできません。

音や光に関してはイヤホンをする、静かな環境で暮らす、遮光カーテンを使用し暗い部屋で過ごす、PCやスマホはブルーライトカット仕様にする等があります。
(私は視覚・聴覚過敏が酷すぎて中々一般的な対処法ではいきませんが…)


最近は低気圧不調に酔い止めの薬や漢方が効くとされています。
薬を使って少しでも環境的ストレスに耐えられる体調に持っていくのも一つの方法かもしれませんね。


環境的ストレスはダメージを受けている部分(症状)をゆっくり休めて回復するしかないですね…。自分の過ごしやすい環境になるのをじっと待ちましょう。

【肉体的ストレス】

Ⓐ食生活が乱れていないか、仕事をしすぎていないだろうか、睡眠不足が続いていないだろうか…。

肉体的ストレスは主に生活習慣からくる要素が多い

私の場合は食事や消化そのものが肉体的ストレスに…。
そのため、時々胃腸を休める時間を設けます。

自分の普段の生活を見直し、まずは改善できるところを探してみましょう。


Ⓑある程度動く元気のある方であれば、運動ほど良い方法はありません。

不思議なことに、一流の人々の中に体型が崩れている人はめったにいません。
自分で管理しているのです。

運動は心身を強くし、強い人間を作ります。
私のおすすめは、筋トレ・有酸素運動、そして、ピラティスやヨガといった集中力を鍛える運動

これらをバランスよく組み合わせることが最強だと思っています。

Ⓒ肉体的ストレス解消法はやはり睡眠です。

看護師をしていて思うのは、結局は、よく食べて・よく寝るといった、基本的なことこそが最高で最善の方法だということです。

【心理的ストレス】

Ⓐ感情は自然と湧き出てくるもの。中々原因を取り除くのは難しいかもしれません。

しかし、自分の苦手な人・場所など、わかっているのであればなるべく遠ざけたいところです。


Ⓑハートを強くするには思考の訓練が大切。自分の方法をお持ちの方も多くいらっしゃるかと思います。
自己啓発本でもよし、自分の尊敬する人の考え方を真似してみるのもよし、認知行動療法、カウンセリングなど医療的アプローチに頼るのもありです。

ストレスフルな時は思考もマイナスに偏りがち。自分なりの方法を見つけましょう。
ちなみに私はメンタルが強い人やおもしろい人の考えを自分流にアレンジする派


Ⓒみなさんのリフレッシュ法は何ですか?

私の場合。
自然に触れる、アロマ、ギターやピアノの音楽を聴く、友人と話す、アートに触れる、
ピラティス・散歩をする、買い物をする、読書をする、テレビを見る、…などなど

たくさんあります(笑)
普段がんばっている以上に自分を癒してあげてくださいね。

【社会的ストレス】

Ⓐ人の悩みの8割が人間関係と言われているのは有名な話。

社会的ストレスはライフステージ的なものも多く避けて通れません。取り除けるものを探してみましょう。

Ⓑ社会的ストレスに強くなるためには、人間関係を学ぶことが必要です。

看護師として人との関わりを学んできた私。
良い人間関係は、自分自身を知り、相手を知ることから始まると思っています。

八方美人になって多くの人に好かれる必要はありません。

正面から向き合い、本物の人間関係を知ることこそが、自分の資産となり、
強い基盤をもって人と接することができるのです。

Ⓒ社会的ストレスを解消する方法。

私の場合、ひとまず人から離れることだと思っています。
とにかく人に疲れているのですから、ほんの少し、自分の時間を作ってみましょう。
自然や空間から癒され、時にはぼーっとする時間が、とても有意義なものになるのです。

まとめ

・ストレスを対処するには3つの視点があります(取り除く、強くなる、解消する)

・ストレスも自分の一部。種類別に自分に合った正しい対処法を見つけてみましょう。

・少しでも楽に生きられますように…!

今日も最後までありがとうございました。