こんにちは、かおる(脳脊髄液減少症もちの看護師ライター)です。

「血糖値スパイク」

一度は聞いたことがある方も多いと思います。

血糖値は自律神経失調症と大きく関わりがあるのをご存じですか?

今回は血糖値スパイク治療経験者のかおるが「血糖値スパイク」について簡単に解説します。

血糖値スパイクとは?

血糖値スパイクとは、血糖値が急上昇・急降下すること

血糖値予備軍とも言われています。

健康な人の血糖値は、

空腹時:70~100㎎/dL

食後:~140㎎/dL

血糖値はこの範囲内で動いているはずです。

しかし血糖値スパイクが起きている人は、食後の血糖値が140㎎/dLを超えてしまいます。

その反動で、体がもとの血糖値に戻そうと働くため、血糖値の急降下もセットで起こります。

食後の血糖&自律神経の動き

食後の血糖と自律神経の推移は以下の4つ。

食事をすると、血液中の糖分(グルコース)が多くなるため、血糖値が上昇します。

食事と同時に副交感神経が働いて消化を促してくれます。

自律神経の副交感神経は、食事の神経でもありましたね。(詳しくは「自律神経の正体とは?」をご覧ください)

③血糖の上昇を感知した副交感神経は、消化器官の1つであるすい臓を刺激。

インスリンが分泌されます。

(インスリンは筋肉や体の細胞にエネルギーを届け、血糖を下げるホルモンです。)

④一度上がった血糖値は、食後2~3時間で元に戻り、自律神経も安定します。

***

通常であれば、食事で自律神経が大きく乱れることはありません。

血糖値スパイクが引き起こす症状

血糖値スパイクが引き起こす不調は以下の通り。

食後の眠気、頭痛、動悸、だるさ、疲労感、気分の悪さ、空腹感、吐き気、不眠、メンタルの不調(うつ、情緒不安定、イライラなど)

****


おもに高血糖・低血糖、自律神経症状です。

特に不調が出るのは血糖が急降下するとき。

低血糖症状が余計に自律神経を乱します。

血糖値スパイクの原因

原因は以下が考えられます。

・糖質の摂りすぎ

空腹時にいきなり糖質を食べる

・高GIの食べ物を好む

ストレスなどにより自律神経が弱っている状態/脳脊髄液減少症で自律神経が弱い

(自律神経が弱っていると血糖のコントロールがうまくいきません)

血糖値スパイクによる自律神経不調はなぜ起こるのか?

先ほど「食後の血糖と自律神経の変動」についてご説明しました。

副交感神経は血糖値の上昇を感知して、すい臓を刺激するのでしたね。

血糖値が急上昇すると、それに対応しようと副交感神経が過剰に働くことになります

ここで自律神経の乱れが始まってしまうのです。

****

さらにその後、血糖値の急降下。

血糖値が急降下すると、脳が「低血糖状態」と感知します。

人間にとって低血糖は、命に関わる状態です。

脳は、今度は交感神経の働きを強めることで低血糖を防ぎます

****

血糖値スパイクを起こしている人はこれを繰り返す日々。

体にとって負担であることはもうご理解いただけたと思います。

自律神経失調症を引き起こしたり、悪化の原因となったりしてしまうのです。

私の体験した血糖値スパイク

私は脳脊髄液減少症であるため、自律神経が弱いです。

血糖値スパイクが著しかった時の症状は以下の通り。

食事をすると気分が悪くなって寝込む

食後に気を失う(爆睡)

食後なのに異常な空腹感

11時ごろに必ず冷や汗

情緒が安定しない

慢性疲労

***

症状がありすぎて食事が苦手でした。

(今も苦手ですが、一時期よりはだいぶ改善しました)

改善したからこそ言えるのですが、

血糖値の振れ幅によってメンタルの状態が左右されます。

根拠となる情報は、以下オーソモレキュラー療法で有名な溝口医師の本。

私も受診したことがあります。

 

「血糖値スパイク」が心の不調を引き起こす (青春新書インテリジェンス) [ 溝口 徹 ]

価格:935円
(2020/11/25 21:32時点)

分子栄養学を学ぶまで、私は糖質大好きな人間でした(笑)

ちなみに私の場合、亜鉛欠乏が血糖値スパイクを酷くしていました。(亜鉛も他で解説しますね)

まとめ

血糖値スパイクとは、血糖値が急上昇・急降下すること

・血糖値スパイクは自律神経を乱しさまざまな症状の原因に

・特に不調として出るのは低血糖症状

血糖値スパイクの原因は糖質の摂りすぎや食べ方にあり

****

以上、血糖値スパイクについてでした。

【血糖シリーズの関連記事】

「血糖値を上げない甘味料とは?」

「血糖値スパイクとメンタル不調の関係」

「血糖値スパイクが引き起こす自律神経の不調-身体編-」

「血糖値スパイクが引き起こす自律神経の不調-メンタル編-」

「私が試した血糖値スパイク対策」

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。