こんにちは、かおる(脳脊髄液減少症の看護師ライター)です。

脳脊髄液減少症自律神経失調症は切っても切れない関係。

鍼灸や整体カイロ、ピラティスやヨガ(運動療法系)がなぜ自律神経を整えるのに良いと言われているか、考えたことはありますか?

実は骨格と髄液の循環(巡り)がカンケイしています。

そこで今回は、骨格(運動)と髄液循環がどのように影響し合っているかをご説明します。

(復習)髄液の役割とは?

髄液とは、脳と脊髄(首から背骨のラインを通る大切な神経の束)を囲うように流れている、無色透明の体液のことです。

簡単に言うと、血液のなかま(ろ過されたもの)です。

***

脳と脊髄を衝撃から守り、栄養を行き渡らせています

そのおかげで脳や神経(特に自律神経がカンケイしています)がうまく機能するようになっているのです。

参考:「髄液の役割。減少すると何がおこる?」

***

体調不良を起こさないためのポイントは

髄液の

「量」:水を飲むことが脳脊髄液減少症に良いワケ

「質」脳脊髄液減少症の人には栄養療法が重要

「循環」:(今回お話ししていきます)

でした。

骨格の歪みは髄液の通り道をふさぐ

もう一度、髄液の流れている場所を想像してみてください。

①脳のまわり(頭蓋骨の脳の間です)

②首-背骨のまわり

①②を巡るように流れていますね。

***

頭蓋骨背骨(脊柱)も、一つひとつの骨がパーツとなって、ブロックのように組み合わさってできています。

生まれたての赤ちゃんのように、体がやわらかく骨格の並びも正常な場合は、髄液の流れもスムーズです。

髄液がまっすぐで平らな道の上を流れると思っていただけると想像しやすいですね。

***

しかし大人になるにつれて、体は硬くなり、骨格も歪んでいきます。

骨格の歪みが大きくなると、まっすぐで平らな髄液の通り道は、凸凹したりうねったりしてしまうんです。

その結果、髄液の循環が悪くなります。

***

整体やカイロプラクティック、その他骨格を調整する治療が自律神経に良いとされている理由のひとつ。

それは、骨格の歪みを減らすことで髄液を流れやすくするからなのです。

運動不足は髄液が滞る

髄液の流れる道のポイントは頭蓋骨・首・背骨でしたね。

髄液の流れを良くするには、骨格の「歪み」に加えて「動き」も大切です。

***

頭痛、めまい、吐き気、低気圧の不調…

体調が悪いときは、体が緊張状態になっています。

起立不耐があるのに頑張って起き上がっている時点で、体に力を入れるしかないですが…ね。

緊張状態が続いていると、自分が思った以上に身体は動いていないものです。

***

その積み重ねもあり、不調を抱えている人の多くは身体が凝り固まって硬くなっている人ばかり

呼吸は浅く、首や背骨の動きを意識したことがない方が多いはずです。

***

私には胸式呼吸を教えてもらっただけで、急激に体調アップした経験があります。

起立不耐や眩しさで外に出るのもやっと。家では半寝たきり。

そんな私が胸式呼吸を習ったことで、今まで固まっていた胸郭(背骨の胸の部分)の動きがよくなりました。

すると髄液の循環がよくなり(呼吸のおかげで自律神経そのものが整ったのもあります)、眩しさや聴覚過敏がラクになりました。

立っていられる時間も長くなり、すぐに電車にも乗れるようになったのです。

(詳しくはこちらです:「脳脊髄液減少症/自律神経失調症の私に起きた奇跡」)

***

脳脊髄液減少症の不調が全部良くなった!という訳ではありませんが、症状が酷すぎてただ横になっているだけでも地獄のようだった不調が緩和されました。

首や背骨、頭蓋骨を動かすためのエクササイズのひとつが、ピラティスです。

体調が悪すぎて運動が難しい…という方は、呼吸だけでも立派な運動。

伸びをするだけでも運動です。

背骨を意識した「動き」は髄液の巡りを良くします。

そして自律神経のはたらきも良くしてくれるんですよ。

***

普段動きの悪い部分が動くようになると、人間のカラダは案外変わっていくものです。

動かせていない部分に気づくことが難しいですが・・・(笑)

***

↓の記事もぜひご参考にしてみてください。

ピラティス「ピラティスが自律神経失調症や脳脊髄液減少症に効くワケ」

運動・呼吸「自律神経を整えるには正しい呼吸から/脳脊髄液減少症の方へ」

※髄液漏れが酷い方は医師に相談し、自分に合った運動を行ってくださいね。無理に首や背骨を動かすと逆効果です。

特に大切にしたいのは「首」

脳脊髄液減少症の方も、自律神経失調症の方にも共通です。

特に大切にしたいのは「首」です。

首は頭と胴体をつなぐ部分。人間にとって重要な神経が集まっています。

***

首がなぜ大切なのか?詳細は未だ解明中です。

ですが「ストレートネックを治したり、首の筋肉を緩めて血流をアップさせると自律神経のはたらきが改善される」ということは研究でわかっています。

***

髄液が流れるルートを考えた時、首の部分が滞りやすいのはなんとなくご想像できませんか?

髄液の循環にとって、「首と頭蓋骨の境目」を程よく動かすことが大切です。

首と頭蓋骨の境目は、首の筋肉でつなぎ留められています。

最近はテレビやスマートフォンなどで目を酷使する機会が多いですよね。

「首と頭蓋骨の境目」の部分も胸郭や背骨と同様、意識していないと案外動いておらず、凝り固まっているものです。

後ろから首の始まりの部分を触り、うなづくような動作をしてみると、意識しながら動かせるかもしれません。

***

髄液循環をよくすることは、脳脊髄液減少症の方にも自律神経失調症の方にも効果があります。

ぜひやってみてください^^

まとめ

・髄液の流れ道のポイントは頭蓋骨・首・背骨

・髄液の巡りを良くするためには①骨格の歪みを整えること②背骨を動かすこと(運動)が大切

・整体・カイロ・ピラティス・ヨガ・呼吸…自分の体調に合うものを!

・脳脊髄液減少症・自律神経失調症どちらにとっても特に大切なのは「首」

・頭蓋骨と首の境目の筋肉を動かして、凝りをほぐしてみましょう。

***

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。