こんにちは、かおる(脳脊髄液減少症の看護師ライター)です。

血圧70/50を記録したここ最近・・・

中々起き上がっていられず、症状のコントロールが難しいのが脳脊髄液減少症の特徴でもあります。

そんな私がなんとか始めた「看護師ライター」というお仕事。

コツコツ勉強をして、仕事を頂いて、ついに形になり始めました。

看護師向けの記事ですが、もしよろしければご覧いただけるとうれしいです!

↓↓

食生活を見直そう!看護師の楽しいランチタイムの過ごし方 (epigno.jp)

「看護師×保護犬」で起業を!ペットと過ごせるグループホームで社会貢献|ナースの人生アレンジ (for-nurse.com)

看護師ライターを始めて半年…

ブラッドパッチで悪化し、絶望感でいっぱいだった昨年。

今でも悔しいし、今でも毎日落ち込んでばかりです。

でもブラッドパッチ事件があったからこそ、看護師ライターというお仕事に出会うことができました。

***

在宅でできる看護師の仕事を検索しまくり、勢いで看護師ライター養成講座(オンライン)に参加。

リモート社会を自分の味方につけよう!

そう思い、オンラインで色々な方に出会いました。

画面の先には、素敵な方がたくさんいた!

***

私は

脳脊髄液減少症のこと、自分の境遇、看護師の仕事を諦めたくないこと、ひたすら言いまくりました(笑)

身体は動かないけど、諦めない気持ちは動き続けていることをアピール。

そんな私の話に耳を傾けてくれた方々は、今ではとってもお世話になっている大切なお仕事仲間です。

仲間と言ったらおこがましいですが。

誰よりも時間をかけて、丁寧に。

「今日はこの仕事に取りかかろう!」

と思っていても、中々スケジュール通りにはいかないのが脳脊髄液減少症。

きっと健康な方の10倍、20倍くらい余裕を持って仕事のスケジュールを立てています。

正直時給換算したら恐ろしくなるくらい、とてつもなく時間がかかってます。

元気だったらもっとたくさんお仕事できるのになぁ、もっと頭が働くのになぁと、何度思ったことか。

***

仕事は仕事。他の人と同じ条件です。

当たり前ですが、責任をもってやらなくてはいけません。

私にとっては

・起き上がっている

・画面を見て字を追う

・頭を使って集中して作業する

という3つのエネルギーが必要です。

自分で言うのもアレですが、

脳脊髄液減少症の人にとってはこれがどれだけ大変なことか…(笑)

***

この体調になって、

ものすごく大切に思うようになったことがコレ。

「量より質」

「今できるお仕事に感謝して、丁寧に。」

仕事をしたくても、できなかった・・・

寝たきりでパソコン開くことすらできなかった・・・

そんな時代があるからこそ、いまライターのお仕事ができていることに本当に感謝です。

能力はすぐには上がらないけれど、丁寧さでカバーできることはあるはず。

そう思って、書いています。

時には無理をせざるを得ない時がありますが、自分にとって価値ある時間のために頑張ることは私の中では「幸せな無理」としています。

******

パソコンを触るエネルギーがあるだけでも、もしかしたら私は、運がいいのかもしれません。

体調を崩して仕事が難しくなってしまった方々へ。

私の働き方が、何かしらのヒントになりますように。

最後まで読んでいただきありがとうございました。