こんにちは、かおる(脳脊髄液減少症の看護師ライター)です。

ある日、テレビを観ていると、パラアスリートのドキュメンタリー特集をしていました。

パラアスリート……

「自分の思うように体が動かない」

「いわゆる”普通”とは違った生き方を強いられる」

どこか脳脊髄液減少症の自分に重なるものがありました。

脳脊髄液減少症って、病気と障がいの狭間にいるな…って。

病気:多彩な症状がある

障がい:脳脊髄液減少だけでは死なない。でも生活に支障がある。

こんな感じで。

***

そんな時、ある方がふと頭に浮かびました。

私のかすかな希望、看護師ライターのお仕事ー。

その、師匠です(勝手にそう言わせていただいています笑)

***

師匠は雑誌でパラアスリートの取材・連載をされていたんだった!

(※コロナ禍になるまでです)

これがその中の1冊。

中澤真弥さんがパラアスリートの記事を書かれています!

即購入!

知っている方が書いた文章はなぜか丁寧に、丁寧に読みたくなるんですよね。

ことばって、書いた方の生きてきた道や人柄、感性が込められている気がして。

パラアスリートの人生+執筆者

2つの相互作用のようなものが、とても魅力に感じます。

***

パラアスリートとして活躍されている方はきっと、障がいのある方の中でもほんの一握りです。

障がいと共に生き、自分の才能を開花させて道を切り開く。

そして誰よりも明るい笑顔。

そんな姿が一見、華やかにも見えます。

しかし、自分が病気になってみて、少し見方が変わりました。

***

何度傷つき、どれだけの壁を乗り越えてきたのだろう。

どれだけ自分と闘い、誰よりも強く、前向きに生きる努力をしてきたのだろう。

たとえパラリンピックの金メダリストでも、もしかしたら今なお、何かに傷つき泣いているかもしれない。

そう思うと、心に深く沁みるものがありました。

なぜか涙がほろり。

***

以前の私だったら、

素敵だなぁ。

大変な中がんばっていてすごいなぁ。

感動や勇気をいただくだけだったかもしれません。

どこか他人事だったり、ちょっぴり上から目線だったのかも…。

***

でも今は、

輝かしく見える人こそ、絶大な苦悩の道や孤独が隠れているんだろうな。

そう思い、パラアスリートの方の強さに心を打たれます。

より深く、心から。

***

中澤真弥さん(私が師匠と言う方です)の書いた文脈によって、より一層引き込まれる彼らの魅力と物語。

私もがんばらなきゃ。

辛いのは変わらないけど、やっぱり輝きがあった方が素敵だよね^^

と、ほんのすこーし前向きになれたのでした。

今日もさいごまで読んでいただきありがとうございます。