こんにちは、かおる(脳脊髄液減少症の看護師ライター)です。

先日、プラセンタ埋没治療初日を迎えました。

今回は治療の流れや経過について書いていこうと思います。

医師から色々な話を聞いてしまったので…その話も少しだけ(笑)

※プラセンタ埋没治療については以下のリンクをご覧ください↓↓

プラセンタ埋没治療とは?

注射前の問診

特に症状を聞かれることはありませんでした。

医師:「脳脊髄液減少症なんだ、いつから?事故に遭ったの?」

私:「10年前からどんどん不調になっていって、事故ではないのですが、山王病院でブラッドパッチやりました」

医師:「ブラッドパッチやっちゃったの!?あれは絶対やらない方がいい。悪くなってる人いっぱいいるよ。治らないどころか、後遺症で尿漏れとか、歩けなくなった人をいっぱい知ってる。髄液って健康な人も普通に漏れてるから詳細に検査しても漏れてるのは当たり前なんだよ。それよりも髄液産生ができていないことに注目しないと・・・・・・・・」

ここまでにしておきます(笑)

とにかく早口でいろんなことをお話する医師でした。

私が看護師なのもあって、内部事情?的なことをたくさん言われ・・・

さすがにここには書けません。すみません!

私の解釈

先生が言いたかったのはおそらく、

「脳脊髄液漏出症の人ではなく、脳脊髄液減少症減少症(漏れていなくて、少ない人)は髄液の産生不良が原因。だからブラッドパッチよりも高濃度プラセンタをやった方がリスクが少なく、効果がある!」

ということなのかなぁと勝手に解釈しました。

***

ブラッドパッチで良くなった方がいるのも確かなので、全否定はよろしくないのではないか・・・

と同業者ながらに思いつつ、

私(RI残存率が少ないだけの脳脊髄液減少症)にはプラセンタがいいのかなぁなんて。

***

「ブラッドパッチをやっっちゃった人は効果が出るのが遅いんだよねー」

なんて衝撃的なことも言われましたが、まぁ聞かなかったことにします。

麻酔と注射

注射はお尻に打ちます。

局所麻酔をしてからプラセンタを注入。

注射自体は普通の痛さでした。

ブラッドパッチや腰椎穿刺の時の痛みより全然平気!

プラセンタ注射1回目終了!

鎮痛剤と抗生剤3日分をもらって終了。

理想は2週間ごとに注射だそうです。

麻酔が切れたら突っ張るような痛さがありますが、座ったりそーっと横になったりはできました。

寝返りをうつと「痛っ!」となるので、少し眠りは浅くなるかも…

初回なので効果はよくわかりません。

傷ついた細胞たちが修復されることを祈ります!

***

今後の経過も書いていきますね。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。