こんにちは、かおる(脳脊髄液減少症と慢性疲労症候群もちの看護師ライター)です。

「どうしても動けない…」
「立ち上がれない…」
「疲れて仕方がないのに原因がわからない…」

上記のような症状をお持ちの方はいらっしゃいませんか?
しかし、これらに関連した診断名はたくさんあります。

自律神経失調症、慢性疲労症候群、副腎疲労、起立性調節障害、脳脊髄液減少症、うつ病…
(ちなみに筆者は全部言われたことがあります笑)

長年の体調不良に苦しみ、さまざまな診断や治療を経験してきた私。
看護師としても、自律神経失調症クリニックでさまざまな患者さんを見てきた私。

そんな私、かおるだからこそ言える「治療探しのヒント」をご紹介させて頂きます。

【結論】から言わせてください

全ての疾患に共通するのは、自律神経がうまく機能していないということ。

そして、これをやれば治る!と言ったような魔法の治療法は、大抵はありません。

その理由は?

もしその魔法のような治療法があるのであれば、

こんなに血眼になって病院巡りや高額な栄養療法、整体、不思議な治療…
(たくさんやられた方もいらっしゃるかと思います)

を探して試しているのに、治らないなんておかしい。

人間は十人十色。同じ症状でも実際は各々違う。
背景もさまざまで、人によって感受性も異なります。

つまり、人それぞれ合う治療が異なるのです。

これらの病気は、いわゆる薬ですぐに治るような病気ではなく、
さまざまな要因が重なってコップの水が溢れた結果生じたようなもの。 

原因は一つではないということです。
(もちろん、この要素の影響が強い!と自分で特定できたら近道になりますね。)

自分の体を一番理解しているのは、自分です。
自分の体に耳を傾けて、
弱っている要素をケアできる方法から探しましょう。

****

そして、最近何かとよく聞く”自律神経”

解剖生理学的には、自律神経とは人間の生命維持に不可欠な神経機能。

しかし、まだまだ謎が多い分野です。
実は医学界ではそこまで詳しい人はいないのが現状。
「自律神経の乱れでしょう。ストレスでしょう」とは言えても、

何がどうなって自律神経が乱れているのか、どうすればよいのか?

という疑問に適切に対処できる医師は何人いるかなぁ・・・
医師と言えどもこのジャンルの現状はそれくらいです。

もし病院に行っても不調の原因がよくわからなければ、
自分に合った自律神経の整え方を自分で見つけなければなりません。

多くの病院を巡った私の体験

私の体験から言える病気の特徴を箇条書きにさせていただきます。

・副腎疲労

自由診療のクリニックで食事療法が中心。保険診療領域では認知度が低い。これが効く人は胃腸の機能が保たれている人が多い?治療は主にグルテンフリー、カゼインフリー、カフェインフリーなど。

・慢性疲労症候群(CFS)

原因が不明で多彩。免疫系から発症する人も多い。副腎疲労よりもPSが低い。

食事・運動・投薬治療・メンタルケアをすべてバランス良く行うのが好ましいと言われているが実際は謎が多い。専門医がいる医療機関は日本でごくわずか

・起立性調節障害(OD)

立っていて気分が悪くなる人。細身の女性や中高生に多い。
専門の医療機関も存在するため保険治療が可能。

起立性低血圧が有名だが、私のような体位性頻脈症候群も珍しくない。
寝ているとき・立っている時の脈拍を記録して病院に行ってみましょう。

治療は投薬(血圧を上げる薬)と運動療法・Na多めの食事、十分な水分摂取が特徴。

・脳脊髄液減少症

起立性調節障害を合併していることが多い。
ほんの少しずつ病気として知られ始めている印象があります。

血圧の異常に加えて、起立性の頭痛やめまい、首痛がひどくて何もできない。目と耳の調子がおかしい方は疑ってみても良いと思います。

日本に何か所か専門的に治療できる医師が存在しています。確定診断がされれば保険適応。
治療は点滴・生食パッチ。ブラッドパッチ
軽症な方は水分摂取&安静(保存的治療といいます)だけで良くなることも。

・うつ病

精神的な落ち込みがひどすぎて、何もやる気が起きず動けない。
日常生活すらままならないほどの気分の落ち込みが続くようであれば疑う必要があり。

身体の症状の方が酷すぎて辛い、周りに理解されないことが苦しい、という方は「うつ状態」であり、「うつ病」ではない可能性もある。
そのような方は、うつ病の治療をしても効果が出ないことがあります。
しっかり自分の症状を伝えて、適切に判断してもらいましょう。

*****

以上。盛り込みすぎましたが…それぞれの疾患の概要や特徴について簡単に述べました。

初めにも言いましたが、自律神経が失調していることには変わりないので、
上記の治療の特徴に加えて、
自律神経を整える自分に合ったメンテナンスを同時に行う必要があります。

まず初めにやっておきたいセルフケア。

わたしの個人的なおすすめは

ストレッチと血糖の見直し。

今すぐ&気軽にできて、自律神経を整えるのに大切な要素が詰まっているからです。

(後のブログで詳細は書いていきますね)

意識するだけでもなにか変化はあると思いますよ。

まとめ

以上、「自分に合った治療法探しのヒント」でした。

上記の病気は治らないので医師に頼るのを諦めましょう、と言っているのではありません。

むしろ諦めずに動き続けてほしい!

どんな治療法でもよいから自分に合った治療法を見つけて、元気な自分を掴み取りたいですね。

いちばんは、

自分の症状や病気を正しく知って、適切な医療機関や治療院にたどり着いていただきたいという私の願いです。

私の今までの経験がお役に立つことがありますように・・・。

私も良くなることを諦めず、試行錯誤をつづけます!

今日も最後までありがとうございました。

ある日突然、慢性疲労症候群になりました。 この病気、全然「疲労」なんかじゃなかった… [ ゆらり ]

価格:1,540円
(2020/11/16 22:18時点)

脳脊髄液減少症を知っていますか Dr.篠永の診断・治療・アドバイス [ 篠永正道 ]

価格:1,430円
(2020/11/16 22:17時点)

しつこい疲れは副腎疲労が原因だった ストレスに勝つホルモンのつくりかた (祥伝社黄金文庫) [ 本間良子 ]

価格:649円
(2020/11/16 22:15時点)