こんにちは、かおる(脳脊髄液減少症の看護師ライター)です。

以前、水素療法についてまとめた記事を書きました。

▹【知識】自律神経に効く?水素療法とは

意外と多くの方に読んでいただけたみたいでうれしいです。

今回は、実際にやってみた体験談を書こうと思います。

水素療法をやろうと思ったきっかけ

きっかけは、

「脳に栄養がたくさんいく方法ないかな…脳細胞に働きかけるものないかな…」

と考えていたことです。

***

脳のエラーといえば、精神疾患。

心の病でもあり、脳の機能障害でもあります。

脳脊髄液減少症や自律神経失調症が精神科と間違われるのは、身体にこれといった病気がないのに、心も体も体調が悪いからです。

***

精神の病気であれば薬があります。

これは大抵が、脳に働きかける薬なんです。

しかし私たち(おそらくこのブログを読んでくださっている方々)は精神科の薬が必要ない、もしくは効かない方が多いですよね。

***

それでもやっぱり、脳に栄養がたくさんいけば、体調が上向きにいくのではないかな…

自分自身、酸素の巡りが良くなって結構元気になったしな…

これのこと言ってます!↓↓

【体験】自律神経失調症の私を救った奇跡

なんて色々、色々考えた結果、

水素療法にたどり着きました!

ちょっとわかりづらかったですね。すみません。

水素療法をはじめて1か月

正式には1か月半です(笑)

だいたい1~2時間/日

吸うように心がけてはいますが、負担になりたくないので結構適当です。

《よかったこと》

・水素をすって10分くらいで体がポカポカしていくる

・水素を吸うと眠くなるので、夜に吸うと眠れる気がする

なんとなーく元気な気がする(起き上がっていられる時間が長くなったかな?)

《困ること》

お腹が張る気がする(水素ガスが腸に届いているのかな?)

・水素を吸いすぎて苦しくなる時が…

・単純に、面倒くさい(笑)

***

以上です。

でも体がポカポカしたり、眠くなったりするということは、効果を感じられているということ

さすが気体(H2)!(笑)悪くはないのかな?

と思ってやっています。

***

水素が効くという話は、ときどき脳脊髄液減少症の方からお聞きます。

私は水素生成器の契約上、3か月以上は続けなければいけないので、継続してみようと思います。

また経過はお楽しみに^^

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。