こんにちは、かおる(脳脊髄液減少症の看護師ライター)です。

この病気は孤独がつきものです。

***

脳脊髄液減少症とわかるまで10年。

理解されないということが、何よりも孤独でした。

もちろんひとりぼっちの時間も長く、物理的にも孤独でしたが。

***

「あなたがおかしい」「気にしすぎ」「なんでそんなに体調悪そうにしてるの」と何度言われたことか…

それでも信じてくれる人もいました。

理解されなくても、「私」という人間を見てくれていた。

大切な人たちのおかげで、孤独の先にあるものを知りました。

感謝を込めて書かせていただきます。

「孤独」

人は 孤独が苦手

私も 孤独は 大嫌い

***

でも 気づいたの

孤独を知る人

それは 深い愛情の持ち主

***

だから 悪いことばかりじゃない

孤独がつらいと 思ったら

あなたは 愛にあふれたひと

***
気づいたかな

ほんとは孤独にだって愛される

多くの愛に 囲まれている

案外 独りじゃないものよ

人生なんて そんなもん