こんにちは、かおる(脳脊髄液減少症もちの看護師ライター)です。

「天気予報を見なくても雨がわかる」

「梅雨、台風の予報を見るとうんざりする」

という方。

低気圧不調、つらいですよね…

脳脊髄液減少症は特に、気圧の影響を受けやすい。

そこで今回は、

気圧や天候の変化で不調を引き起こす「気象病」について、私の経験と共にご説明します。

低気圧が不調を起こす気象病とは?

●気象病の定義

気象病とは、気圧・気温・湿度などの気象変化に伴って、さまざまな体調不良が引き起こること。

主症状としてはめまい・吐き気・頭痛・肩首こり・全身倦怠感・低血圧や血圧の上下・関節痛・手足のしびれ・冷え性・動悸・不安感・目のかすみ・鼻水・咳

「最高のパフォーマンスを引き出す自律神経の整え方」著 久手堅司(医学博士・脳神経内科医)株式会社クロスメディアパプリッシング

正式な病名ではありませんが、気圧や天候の変化で自律神経症状の出る方は気象病です。

脳脊髄液減少症があると気圧の変化に弱くなるため、大半の方が気象病も併せ持っているでしょう。

●私の経験する気象病

一般的な症状は定義でお伝えしましたね。

脳脊髄液減少症の影響で自律神経が弱い私は、天気予報を見なくても体調で気圧の低下がわかります。

「気圧が下がってる!!」と一番わかりやすいのは関節痛

その他は傾眠、頭痛、めまい、息苦しさ、寒気、微熱、異常な倦怠感、消化不良、メンタルの急降下(女性の方で言う生理前のような、抵抗できないあの感じです)

私はよく、インフルエンザみたいと表現します。

自律神経がコントロール不良です。

なぜ低気圧で不調が起きるのか?

●そもそも気圧とは…

気圧というのは、空気による圧力のこと。

私たちは日常の生活で、気圧を感じることはないと思います。

しかし実際は、常に圧力(1平方メートルあたり10トン)がかかっています。

それと同じ分だけ体内からも同じ圧力で押し返し、バランスを取らなくてはいけません。
(少しややこしいですね)

***

気圧が一定であれば、バランスが維持できているので体調にも支障がないのですが…

気圧が急降下すると、体内の圧力のバランスが乱れる。

その変化に体が対応できなかった場合、自律神経の乱れとして不調が出ます。

髄液が少ないor漏れている人は特に…!

●気圧の変化と体の反応

人が気圧を感知しているのは、耳の奥にある内耳という場所。

内耳は聴覚や平衡感覚に関わる器官であり、神経ともつながっています。

では、気圧が下がるとどうなるか?

飛行機に乗るとお菓子の袋がパンパンになるように、内耳も膨張します。

膨張してパンパンになった内耳は、

神経を刺激→脳に伝わる→自律神経のバランスを乱す

この流れで自律神経に影響します。

***

自律神経の乱れに耐えられる体の持ち主であれば、症状は出ません。

しかし、

骨格のゆがみがある人

ストレスや栄養不良などで自律神経が弱っている人

脳脊髄液減少症を持っている人

内耳が気圧の影響を受けやすくなっています。

気象病の治療法

●薬による治療

酔い止め薬や漢方を使うことが広まりつつあります。

内耳の膨張を防ぐためです。

最近はこんな市販薬も出ています↓

【第2類医薬品】 テイラック 24錠 メール便送料無料

価格:1,100円
(2020/11/25 12:19時点)

その他には

ビタミン剤、筋弛緩薬で自律神経への負担を減らすこともあります。

●気象病に負けない体づくり

気象病を予防するには、自律神経の乱れに負けない体づくりをする必要があります。

自分でストレスを管理し、体と心のメンテナンスを行うことです。

たとえば今抱えているストレスの見直し、骨格のゆがみ改善、ストレッチ、ピラティス、ヨガ、食事改善、メンタルケアなど…

自律神経のケアに関する詳細はこちら

***

脳脊髄液減少症の方は↑にプラスして

「十分な水分+塩分補給」も忘れずに…!

まとめ

・気象病とは、気圧・気温の変化によりさまざまな自律神経症状が出ること

脳脊髄液減少症の人は気象病になりやすい

・気圧が急激に下がると外と体内の圧力バランスが崩れて自律神経が乱れる

・気圧の変化は人間の内耳で感知しており、気圧が下がると内耳が膨張する

・気象病の治療は酔い止め薬や漢方、骨格のゆがみ改善、ストレスケア

***

天候は避けられない見えざる敵です。

なるべく敵にしないように、自律神経に良いこと、自律神経が乱れにくい体づくりを心がけましょう。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。