こんにちは、かおる(脳脊髄液減少症もちの看護師ライター)です。

自律神経によいとされている治療法といえば
整体、カイロプラクティック、ピラティス…

※詳細は以下のリンクをご覧ください

●「私が10年間で試した自律神経に良いとされる治療法」
https://coco-health.com/therapy/

●「ピラティスが自律神経に効くワケ」
https://coco-health.com/why-pilates/

~~~~

全てに関係していることは、骨格のゆがみを取るというアプローチです。
(ゆがみ=アライメント不良といいます)

では、なぜ骨格のゆがみを治すと自律神経の不調が良くなるのか、考えたことはありますか?

そこで今回は、自律失調症の数々の治療を経験した看護師かおるが

骨格のゆがみ‐ストレス‐自律神経の関係についてご説明します。

これを読めば、自律神経と背骨の関係がイメージできると思います。
思わず姿勢を気にするようになりますよ。

背骨と自律神経の関係

●自律神経とは?

自律神経とは、
体が最適な状態(健康)を保てるように、全身のさまざまな機能を自動的に調節する神経」です。

かんたんに言うと、元気でいるために体と心を微調整してくれるネットワークシステムです。

内臓の働きや、血圧、心臓の動き、呼吸、気持ちの変化など…

すべてに関わります。とても繊細なんですよ。

※自律神経って何だったっけな…?という方は以下のリンクをご参考ください^^

【知識】自律神経の正体とは?10年の闘病でわかった5つのポイント
https://coco-health.com/autonomic-nervous-system/

****

●背骨と自律神経の位置

自律神経は、脳の視床下部というところから始まり、脊椎の中にある脊髄(神経の束)を通って全身の器官につながっています。
わかりやすく言うと、

・自律神経は脳から首・背骨のラインを通って走っている。

・背骨のラインを中心に、さらに枝分かれして全身の臓器につながっている

脊髄損傷をご存じでしょうか?
交通事故などにより体が動かせなくなったり、感覚が無くなってしまうことです。

脊髄という神経の束に傷がついてしまうことが原因です。
それくらい生きる上で大切な神経なので、「背骨」に守られています。

その脊髄の中に、自律神経も含まれています。

少しややこしいのが神経です。

●背骨のゆがみと自律神経


上に述べたように、自律神経は背骨のラインを中心に枝分かれしている神経でしたね。

▹本来、背骨にゆがみのない状態の自律神経はこのような感じです↓

▹しかし、背骨がゆがんでいるとどうなるか…

いつも手書きですみません💦

このような感じ。
イメージできましたか?

背骨のゆがみが邪魔をして自律神経がうまく働けなくなってしまうのです。
(神経伝達がうまくいきません)


***

背骨のゆがみは、全身の骨格のゆがみを引き起こします。
ゆがみは身体にとって、日常的なストレスになります。

骨格のバランスが悪くなると、自律神経のはたらきが悪くなるだけではありません。

人間は無意識のうちに目でアンバランスな状態を修正しています。
姿勢が悪くてもまっすぐ歩けるのは目のおかげです。

しかしその積み重ねが、骨格由来の「めまい」を引き起こします。

いろいろと連鎖(スパイラル)してくるのです。

****

この自律神経-骨格-ストレスの負のスパイラル関係については
②で詳しくご説明しようと思います。

まとめ

・自律神経とは、脳-首-背骨のラインを中心に通っている

・そのラインから細かく枝分かれして全身の器官に働いている

・骨格のバランスの要(かなめ)、背骨の並びが大切

・背骨がゆがみが邪魔をして、自律神経の神経伝達がうまくいかない

・骨格バランスの乱れ→ストレス→さらに自律神経を乱すというスパイラルが生じる

*****

以上、「自律神経-骨格のゆがみ―ストレスの関係①」でした。

②に続きます。(←こちらです)

今日も最後までありがとうございました。