こんにちは、かおる(脳脊髄液減少症の看護師ライター)です。

いま話題のHSP(繊細さん)

自律神経失調症や脳脊髄液減少症の方にも多くいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回は、HSPの入門編として

HSPについての簡単なご紹介と当事者である私の体験について書いていきます。

HSP(繊細さん)とは?

HSP:ハイリー・センシティブ・パーソン(highly sensitive person)

病気ではなく、性格の特性のひとつ。

アメリカのの心理学者、エイレン・アーロン博士によって広まった概念です。

日本では「繊細さん」と表現されます。

***

HSPの人は共感力が高くあらゆる刺激(音・光・人の感情や言動・空気など)に敏感です。

過敏で繊細な特性によって、人一倍疲れやすいという苦労も…。

ストレスが溜まり生きづらさを抱える一方で、「豊かな感性」を才能として仕事や生活に活かすこともできます。

HSPである私の苦悩

ここでHSP(繊細さん)である私の困りごとを一部ご紹介します。

受け取るものが多すぎて疲れる

…人込み、悲しいニュース、主張が強めのアート、見知らぬ人でも怒っている人を見たとき(自分が怒られているわけではないのですが)など。

無意識のうちに色々なものを感じ取ってしまうのが繊細さん。

私は自分でも、なんでここまでぐったり疲れ切っているのかわからない…!と思うこともしばしばです。

***

相手の変化にすぐに気づく

…同僚が悩んでいそうな時、上司の機嫌がいつもと違う…など。

誰よりも早く気づいてしまいます。

他の人には「気のせいじゃないの?」と言われても、

悩んでいる本人に声をかけてみると大抵当たっています。

空気が読めすぎたり、気づくものが多く私自身は疲れますが

その代わり感謝していただくことも多いです^^

***

共感しすぎて相手の内面に入り込

繊細さんは共感力が優れているので、相手の話を聴くのが上手な方が多いです。

私はよく悩み相談をされる側なのですが、相手の感情を疑似体験してしまっていつも後悔。

友人や大切な人とはいえ、人は人です。

相手の課題をすべて自分事のように背負うことはないなぁ…と苦笑します(笑)

HSPの5つの力-繊細さを強みにする-

①感じる力

…小さなこだわりや隠れた魅力に気づき、誰よりも楽しむことができます

相手の感情も感じ取ることができるので、話の聴き上手です。

②良心の力

…繊細さんは自分の信じるものに真摯に取り組みます。相手に誠実なので、人から信頼される存在になります。

③直感の力

…自分の合うもの・好きなものを見つける力があります。ピン!と来ることが多く、物事の本質を見抜く力があります。

④考える力

繊細さんは当たり前なことに疑問を持ったり、深く思考することができます。

興味を持ったらとことん深く掘れますよ。

⑤味わう力

…空・写真・絵を見て自分の心を癒すことができます。

反対にハンドメイドなどを行うと、見た人の心に沁みるものをつくることもできるんです。

***

HSPで悩まれている方へ。

繊細さんの5つの力を活かして、「自分にとってラク&自分が輝く」場所を探してみましょう。

少しは生きづらさが軽くなるヒントが見つかるかもしれません。

繊細さんの理解を深めよう

●繊細さんと言えばこの本

ご存じの方も多いのではないでしょうか?

私はこの本を読んで自分の才能を活かせる道に進むことができました。

「繊細さん」の本 「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる [ 武田友紀 ]

価格:1,324円
(2020/12/17 10:16時点)

繊細さんの感性を活かして私が始めたこと。

・カラーセラピー/心理カウンセラーの資格を取得

・看護師ライター

5つの力を存分に活かしながら仕事を楽しむことができています。

もちろん体調と相談しながらですが…ね^^

●私のおススメ!繊細さんのかわいいブログ

ひとつ、ご紹介させてください。

等身大の繊細さんの姿をかわいく&わかりやすく書かれているブログがあります。

そして私の大切なお友だち。

「ゆきんこ」さんのブログです。

魅力は何といっても…

親しみやすいイラストです^^

とっても読みやすく、HSP仲間の私としてはとても共感できるものが多い(笑)

ご興味のある方はぜひ読んでみてください。

まとめ

・HSP(繊細さん)は感じる力が強い性格の特性

・共感力が優れているために生きづらさを抱えている人が多い

・繊細さんの5つの力が強みにもなる!

・繊細さんを理解するための本、ご紹介

***

HSP(繊細さん)で生きづらい…疲れる…。

とは言え、HSPだからこそ自分が輝く生き方を見つけられる!

私はそう思います^^

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。